野菜不足の現代人に青汁はいいのでしょうか?野菜不足を補う飲み方

野菜不足の現代人に青汁はいい?

現代人は深刻な野菜不足に陥っている事をご存知でしょうか。
食の欧米化や外食などで本来1日に摂取するはずの野菜の量をしっかりと摂れている人はかなり少ないと言われています。
ちなみに1日に必要な野菜の量は350gと言われていますが、60g?100gほど野菜の摂取量が足りていない人が多く、野菜不足に陥っているケースが多々あります。
そんな方々におすすめなのが、野菜不足を効率良く解消してくれる青汁です。

 

青汁には大麦若葉やケール、明日葉など栄養価の高い野菜が豊富に含まれているので、野菜不足に悩んでいる方にはもってこいですね。
自ら野菜不足を意識して青汁を飲んでいる方も多いですが、野菜嫌いの方やお子様にも飲むだけで野菜不足が解消できる青汁はとてもおすすめです。

 

ただし、青汁1杯だけでは当然1日の目安量をクリアする事は難しいので、やはり青汁を飲みつつも日々の食生活に積極的に野菜を取り入れる必要はあります。
例えば、毎日朝食を食べない方が青汁を飲み、昼食、夕食には野菜を意識した食事にするなどすれば、より高い青汁の効果を期待できるでしょう。

 

青汁は毎日続ける事で効果を期待できるので、できるだけ飲みやすいものを選んだり、利便性の高いものを選ぶとよりストレスなく続ける事ができます。

 

野菜不足を補う青汁の飲み方

日本人に推奨される1日の野菜摂取量は350gと言われていますが、この基準をクリアできている人は実はとても少ない事をご存知でしょうか。
現代人の多くは野菜不足に陥っており、その結果重大な病気のリスクなども引き起こしている実態があります。
そこで、深刻な野菜不足にもってこいの方法が、青汁で野菜不足を解消するというものです。

 

青汁には大麦若葉や明日葉、ケールなど栄養価の高い様々な緑黄色野菜が含まれていますが、これらを日常生活で摂取する事はとても難しいのが現状です。
というのも、青汁に含まれている野菜は普段食卓に並ぶ緑黄色野菜よりも栄養価が高いものが多いので、青汁でしか摂取するのが難しいからです。
1日1杯の青汁を飲む事が良いとされていますが、特に野菜不足を解消するのにふさわしいのは、朝食に青汁を飲む事です。

 

もちろん、いつ飲んでも青汁の効果は期待できますが、特に睡眠から目覚めて第1食目の朝食時には吸収率が高いので、より高い青汁の効果を期待できると言えるでしょう。
青汁1杯だけでも野菜不足を解消する事は可能ですが、より高い効果を得たいのであれば、青汁だけに頼らず、日々の食生活も見直す事が大切だと言えます。
青汁を飲んでいるから、昼食や夕食はジャンクフードや外食でも良いやと思っている方は、どれだけ青汁に高い効果があったとしても無意味になってしまいますよ。

page top