青汁はいつ飲むのがいいの?青汁の効果的な飲み方について

青汁の効果的な飲み方

青汁の効果を最大限に引き出すには、飲む時間帯や量をきちんと考える必要があります。
栄養価が高い青汁だからこそ、せっかくならその恩恵を受けたいですよね。
基本的にいつ飲んでも効果がないという事はありませんが、飲み方次第では効果が大きくなったり、薄れてしまう事もありますので、注意してくださいね。
まず1日に飲むべき量ですが、1日に1〜2包飲むのが適正量と言われていますので、効果が欲しいからとそれ以上飲むのはやめておきましょう。
別に飲みすぎたからといって体に悪影響があるわけではありませんが持病がある人には悪影響が出る場合があるので、注意してください。
次に飲むタイミングですが、朝起きて1杯でも良いですし、夜寝る前に1杯でも良いでしょう。
基本的にはいつ飲んでも効果があると言われている青汁ですが、目的によって飲むタイミングをズラす事で、より高い効果が期待できます。
例えば、ダイエットをしている人であれば空腹時に飲む事で、食事を過剰に摂取するのを防ぎますし、野菜不足解消であれば朝がおすすめです。
便秘改善には就寝前と、おすすめのタイミングはそれぞれの目的によって異なるので、あなたが一番得たい効果と、飲みやすいタイミングを合わせてみてくださいね。

 

青汁はいつ飲むのがいいか?

青汁を効果的に飲むにはいつ飲めば良いのでしょうか。
含まれている植物がとても栄養価が高い原料なだけに、せっかくならその効果を100%引き出したいですよね。
青汁を飲むタイミングによって効果が異なる事を知っていましたか?
なぜ青汁を飲みたいかという理由によっておすすめの飲むタイミングは異なりますが、栄養補給など健康目的の場合は朝起きてすぐに飲むのが良いでしょう。
なぜなら睡眠する事によって汗をかいたり、脳を使ったりとエネルギーを消費しているので、その体に朝一番健康的な飲み物を摂り入れると、スーッと染み込むからです。
ダイエットなど美容目的で飲むなら、食事前に飲む事で満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぎ、食事料を節制する事ができます。
青汁には食物繊維が豊富なので、食べる前に飲むと、必要以上の量を食べなくても満足するようになるのですね。
便秘解消をしたい場合は就寝前に飲む事で、翌朝起きてスッキリする事ができますよ。
しかし、青汁に含まれている食物繊維の力でどうしても腸が動いているのが気になったり、睡眠に影響が出る場合は就寝間近には飲まないようにしてみてくださいね。
このように、あなた自身がどういった効果を青汁に期待するかで飲むべき時間帯は異なってきますので、ご自身の目的に合わせて選んでみてくださいね。

page top